筆ペンはがき絵
             

  

 

           著者略歴
         
                             林田 暁径(はやしだ ぎょうけい)

1956年   大阪市に生まれる。
        幼少より、故林田芳園(元日展評議員)に師事。

1979年    近畿大学卒業

1980年   父、林田芳園に漢文を師事。※林田芳園漢文関係執筆の著書。

         
林田芳園(1926〜1997年)
           大阪に生まれ、生涯大阪に住居を置く。
           書は二十歳頃より本格的に始め、辻本史邑、広津雲仙に師事。
           書体は行草体を得意とする。
           日展評議員、日本書芸院常務理事、墨滴会理事長を歴任。
           漢学は書より少し遅れ、二十四歳頃より本格的に始め、長岡參寥
           に師事。
           著書に「対句選」、「続対句選」、「明詩選」、「続明詩選」、「清詩選」、
           「明清古詩選」、「陳鴻壽の書法」 (以上、二玄社)、
           「長岡參寥遺稿集」 (書芸会) など。



1981年    中国、南京師範大学・北京語言学院に留学。水墨画も学ぶ。
          帰国後、読交書法展・特選2回受賞。
        日本書芸院・大賞受賞。
        日展・入選。

1988年    中国国立浙江省美術学院中国画科に留学。留学中、書画と唐詩を
       朱頴人先生に師事。

1989年    暁書法学院を設立。書道月刊誌『暁之径』『暁書』を主幹発行。
              大阪書画会園林を設立。以後、重慶書法協会・杭州西冷印社・
       桂杭書法協会・
       南京師範大学で交流会を催す。

1997年    北京故宮館物院にて、日本人初のグループ展『暁書法学院展]
       を開催。
       111名出品。

1999年    上海呉昌碩記念館日中友好展を開催。

2001年    大阪書画会園林を中国美術研究会に変更。

2008年   中国紹興市主催 蘭亭曲水の宴に日本側代表として招かれる。

現 在     暁書法学暁主宰。



                                           著 書

                   『かんたん 水墨はがき絵』
                                      


                     『五分で描ける筆ペンはがき絵』(2) (かもがわ出版)
                   

                     
 
                     『五分で描ける筆ペンはがき』(1) (かもがわ出版)
                   


                               『漢詩パズル』(漢詩を作る本)。
                   


                                     『書家 林田芳園』
                   


                康殷著『説文部首銓釋』の訳注本(完売)
。                  

                   

                        


                           『サライ』に掲載されました


                          『 サライ』2003年11月20日 22号
              筆ペンでイラストを描くで掲載されました。
                                      


             『サライ』2005年11月17日 22号
             筆ペン画で犬を描くで掲載されました。
                     





        
筆ペン画教室

          よみうり文化センター講師。
           梅田・天満・堺・元町(月1回)

          サンケイリビング新聞社カルチャー倶楽部講師。
          ナビオ阪急3階(月2回)



      
漢詩教室

                 

                              梅田 木曜日 第1・3 午前10時〜12時